マル優制度とは

マル優制度とは

マル優制度とは、一体何なのでしょうか?ここではマル優制度について解説します。

マル優制度とは

マル優制度とは利子所得に関する非課税制度のことを指します。通常、定期預金の税金は、利息に対して20%が源泉徴収されます。しかし、身体障害者手帳の交付を受けている方など特定の方に限り、この税金が非課税になる制度のことです。

以前は、銀行の定期預金の営業トークとして盛んに使われていましたが、2006年に高齢者の方は利用できなくなったため、今現在は存在感の薄くなっている制度と言えるでしょう。ただし、税金が非課税になるのは変わらないため対象の方は利用しない手はありません。

マル優制度の対象者 ※2013年現在

  • 身体障害者手帳の交付をうけている方
  • 遺族厚生年金等の遺族年金をうけている妻
  • 寡婦、母子年金をうけている方
  • 児童扶養手当をうけている児童の母
  • 障害厚生年金等の障害年金等をうけている方
  • 上記に準ずる一定の方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です