定期預金とは

定期預金とは

定期預金とは一体何でしょうか?もちろん、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、今一度定期預金とは何なのか?把握した上で、定期預金の比較検討をしましょう。

定期預金とは

定期預金とは、一定期間の間、引き落とすことのできない預金のこと。通常の普通預金よりは高い金利が設定されている。中期的な資産運用方法の基本として利用されることが多い。

定期預金の特徴

  • 期間を決めて預ける預金
  • 普通預金よりも利率が高い
  • 預入時に金利(利率)も決まっている
  • 満期の段階で元本と利息が戻ってくる
  • 途中解約も可能であるがペナルティがある
  • 預金保険(ペイオフ)の対象である

定期預金の魅力は、通常の普通預金よりも高い利率でお金を預けることができ、かつペイオフ上限の1000万円以内であれば非常にリスクなく運用できる点にあるといえるでしょう。資産運用の中の一部に安全な運用方法として定期預金を組み入れる方も多いようです。

また、定期預金は預入段階で、金利(利率)と預入期間が決まっています。いつ、いくら返ってくるかも預けた段階で決まっているのです。これも利用する方にとっては安心できるポイントと言えるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です