退職金の運用方法に定期預金

退職金の運用方法に定期預金

退職金の運用方法のひとつとしても、定期預金の利用がされています。では、退職金を定期預金で運用するメリットとは何なのでしょうか?ここでは退職金の定期預金活用について解説します。

退職金は一時的に定期預金にすべし

退職金の特徴としては、やはりまとまったお金が入る最後の機会であることが多い。もちろん、退職金以外にも資産運用をしていたり、賃貸経営をしていたり、と別の収入機会がある人もいますが、多くの場合は、退職金が最後に手にする大きなまとまった資金であるとお思います。

すでに、セカンドライフとしてお金の使い途が決まっていれば、定期預金をする必要はありませんが、そうでなく、まだ決め兼ねている、セカンドライフとして使っても残ってしまう、場合は金利が普通預金よりも高いけれども、元本が保証されている定期預金が一番安全なのです。

もちろん、若い時に宝くじで手に入れたまとまったお金ならば、FXなどのハイリスクハイリターンの投資方法というのも考えられますが、お金の大切度でいけば、間違えなくトップクラスの退職金の場合は、元本が保証されている運用方法の方がいいのです。退職金の運用はなるべく「安全第一」というのが原則です。

退職金が優遇される退職金限定定期預金もある

銀行の中でも、退職金はまとまったお金を預け入れしてもらえる可能性が高いので、特別優遇の定期預金を作っていることがあります。たとえば、2013年4月時点の三井住友銀行の退職金特別円定期預金は金利の年率が1.8%と、スパー定期の0.025%と比べてしまうと72倍もの金利が設定されているのです。

退職金は、使い道が決まるまでは、定期預金がいいと言われる所以なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です