相続定期預金とは

相続定期預金とは

相続定期預金とは、最近いくつかの地方銀行が提供はじめた定期預金のことです。お得な金利で定期預金を利用できるため人気が高くなっています。

相続定期預金とは

相続によって受け取った資産を預金した場合、通常の定期預金よりも高い金利で預入することができる定期預金のこと。不動産や有価証券等を売却して得た資金も含めて対象になります。

いきなり発生した相続によって得た資金をどうやって活用すればいいのか?ほとんどの相続人の方は使いみちを決めかねていることが多いため、そのニーズに即して、高額の預金を集めようという銀行の戦略商品と言えます。

今まで、同様な定期預金としては退職金専用の定期預金というのがありましたが、その相続版ということになります。

ニーズは高く、今後定期預金利用者の獲得に積極的なネット銀行などでも商品化されていくのではないでしょうか。

相続定期預金の金利の相場は

通常の店頭表示金利 +0.2%~0.3%

相続金の範囲内であれば、好きな金額を定期預金にすることが可能。ただし、初回満期時までの特別金利というところが多いため、短い定期預金にしてしまうと、お得度は少なくなってしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です