相続定期預金

相続定期預金

定期預金の中に、相続定期預金というものがあります。では、この相続定期預金の定期預金とは何でしょうか?

相続定期預金とは

相続した資産を原資として預け入れる人を対象にした定期預金のことを相続定期預金と呼びます。相続した現金はもちろん、相続によって取得した不動産や株式などの有価証券を売却した資金も、相続定期預金を利用できる。最大の魅力は通常の定期預金よりも高い金利が設定されている。

銀行にとっても、相続資金は大きな金額になるケースも多いため、高い金利が設定できるのです。

相続定期預金に必要な書類例

相続した財産か確認するために下記のような書類が必要です。

  • 遺産分割協議書の写し
  • 金融機関に提出した相続依頼書の写し
  • 戸籍謄本の写し
  • 遺言書(公正証書遺言または自筆証書遺言で検認済のもの)の写し
  • 被相続人名義の解約済通帳または計算書の写し 等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です