定期預金は夏と冬が狙い目?

定期預金は夏と冬が狙い目?

定期預金は、預入するタイミングで金利が違う可能性があるのです。ここでは、定期預金が狙い目のタイミングを解説します。

定期預金は夏と冬が狙い目の理由

定期預金は、各銀行とも定期的にキャンペーンを実施しています。定期預金のキャンペーンは、通常の金利の2倍以上のものも多いのです。

銀行が定期預金のキャンペーンを実施する時期は、夏と冬のボーナス時期が多いのです。夏や冬のボーナスを不景気のときには使わずに貯金に回す方が多いため、その資金を狙って夏と冬は金利が高めのキャンペーンを実施するのです。

定期預金は、預入したときの金利で受け取れる利息が決まってきます。

同じ5年ものの定期預金でも

300万円を通常の定期預金金利 0.25% で預入したときは

  • 利息は、37,500円

300万円をキャンペーン時期の定期預金金利 0.50% で預入したときは

  • 利息は、75,000円

と受け取れる利息に大きな違いが起きてくるのです。

定期預金を選ぶ最適なタイミングは夏と冬のボーナス時期なのです。この時期はキャンペーン情報をチェックしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です