定期預金の金利の決まり方

定期預金の金利の決まり方

定期預金の金利がどうやって決まってくるのか?わかりますでしょうか。実は定期預金の運用を効率的に行うには、この定期預金の金利の動向に対して注目する必要があります。ここでは定期預金の金利の決まり方について解説します。

銀行のビジネスモデル

銀行はどうやって儲けるのかを今一度理解しましょう。銀行は、預金などで集めた(借りた)お金を、借りた金利よりも高い金利で貸すことで、その差額を収益として経営するビジネスモデルです。言い方はあまりよくないかもしれませんが、「お金を安く集めて、高く貸す」。これが銀行の収益を上げるポイントなのです。

銀行にとって、定期預金はこの集める方の役割を持つ金融商品です。銀行にとっては、預金金利は低いほうがいいものの、低すぎればお金が集まらずに貸すこともできなくなってしまいます。このバランスを常にとっているのです。

定期預金の金利の決まり方

通常、定期預金の金利というのは、日銀が民間の銀行に貸し出す政策金利(無担保コールレート翌日物金利)に連動します。日銀が低い金利で民間銀行にお金を預けてくれるのに、それ以上に高い金利で市民から預金を集める必要がないからです。

日銀が民間銀行に貸す金利を高くすれば、定期預金の金利も高くなるのです。では、日銀が民間銀行に貸す金利はどうやって決まるのでしょうか?簡単に言えば、不況の時は低い金利で日銀が民間銀行にお金を貸し、好景気の時は高い金利で日銀が民間銀行にお金を貸すのです。

今は、残念ながら不況であるため、前者に該当し、定期預金の金利も低くなっているのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です