自動積立定期とは

自動積立定期とは

自動積立定期とは、いったい何なのでしょうか?ここでは自動積立定期について解説します。

自動積立定期とは

自動積立定期とは、毎月所定の日に決まった金額を自動的に積み立ててくれる定期預金のことを言います。給与の振込口座から自動積立定期を設定しておけば、何もしなくても一定額の割合で定期預金の残高が増えていくことになります。通常は、普通預金の口座から自動的に積み立てられます。

自動積立定期の金利

自動積立定期の金利は、一般的に通常の定期金利の金利と同じように設定されています。ただし、銀行によって違うので確認が必要です。

自動積立定期のメリット

自動積立定期は、銀行が自動的に貯金口座を作ってくれるようなものです。つまり、貯金が苦手な人であっても、はじめに給与振込日の翌日と設定さえしてしまえば、はじめから普通預金の金額は自由に使ってなくなってしまっても、定期預金の積み立て口座にきっちり資産が残っていくのです。

貯金箱が、銀行になるようなイメージです。さらにネット銀行などでは定期預金金利も非常に高く設定されているため、ある程度の利息も期待できます。

自動積立定期は引き出しも自由

自動積立定期は、積み立て途中でも引き出すことが可能です。また、自動積み立て分以外にATMなどからも追加で入金できるため、定期預金よりも柔軟性の高い預金といえます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です