定期預金は複数預金することができる

定期預金は複数預金することができる

一部の積み立て資金の定期預金でないかぎりは、定期預金ははじめに預け入れた金額で、その時の利息で満期に受け取れる預金です。その後増やすことはできません。

定期預金は単発のもの。増額したい場合は追加で別の定期預金を組む

定期預金は、基本的に単発のものです。預入時に預入金額と預入期間、受け取る利息すべてが決まるのです。そのため、途中で同じ満期の金額を増やそうとしても、増やすことはできないのです。

途中で定期預金を増額する方法

1.すでに預け入れしている定期預金とは別の定期預金を組む

すでに預け入れしている定期預金とは別の定期預金を組むことで、定期預金の預金額を増額することが可能です。ただし、途中で預け入れした時の利息になり、預入期間も同じにすると満期の時期が変わってきます。満期の時期を合わせたい場合は、預入期間を調整する必要があります。

2.はじめから短期の定期預金を組む

今は2週間定期預金、とか1週間定期預金とか、満期が非常に短い定期預金が主流になっています。この定期預金を利用していれば、途中からの増額も満期のタイミングで行うことが可能です。

3.途中解約して、全額を新しい定期預金にする

あまりないですが、預入金額によってはいったん途中解約して、追加する金額も含めて預け入れすると、1000万円を超える場合などでは、適用される利息も上がり、得になるケースがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です